ほほ骨のハリを減らす矯正

ほほ骨ハリ減らす矯正をしていますが多くの方のほほ骨が炎症を起こしていあり腫れている方もいます。

体調が悪いと顔のほほ骨が腫れたり炎症を起こしていきます。

ほほ骨矯正をしている時に皮膚のたるみや筋肉の緩みなどが起きている方もいますのでそれらを解消することもしています。

ほほ骨矯正とは

ご予約・相談は093-962-9133  携帯番号を用意して『ホームページを見た』と言って下さい

顔の頬骨を 改善していくためには顔だけではなく 体も深く関係を持っていますので体の歪みや 体に溜まった疲れやストレスを改善していくことをすると減りが早くなったり 戻りにくかったり 改善が効果を出てきます。

ほほ骨矯正と言っても 顔だけほほ骨の減らすことをしても 減りにくくなる場合が多くありますので 関係するところを改善していく必要があるのがほほ骨矯正の重要な ことになります。

顔と体というのは深く関係があって 顔だけしても変化がない場合や少ししか変わらない場合がありますので関係するところを探っていく必要があります。

そのためにもまず本当を言うと体調から上げていくことをしたいのですが 初回から少しでもほほ骨を減らすことをしていかないと納得してもらえませんので 顔だけをして初回は改善していくようにしています。

初回にほほ骨矯正をする時に必ずご自分の顔の頬の出っ張り度合いを触って覚えておいて下さい。

ほほ骨矯正する前と した後を比べることができますので変化が分かるように小さくなったのが分かるように出っ張りが減ったのが分かるように覚えておく必要があります。

鏡などで見ても覚えておくことも必要かと思いますが当院では手で触って覚えておくことをお勧めしています。

そのために右と左の顔の 出っ張り度合いを比べると分かりやすいと思いますので出っ張り度合いを比べてわかるようにしてさわっておいてください。

両方同じように両手で触って 比べてみると 全体が出っ張っている場合と部分的に高いバイト色々な出っ張り方がありますので必ず変化がよくわかるように触って覚えておくことをお勧めしています。

この触って覚えておくことをいい加減にすると変化をいくら させてもわからなくなりますのでしっかり触って覚えておいてください。

ほほ骨矯正を1回で終わることはなく数回かかることを覚えておいてください。

特にほとんどの方に該当すると思いますが顔だけではなく体の歪みや骨盤の歪みも整えていかないと戻りやすくまた元に戻ってしまいますので関係しているところを改善していく必要があります。

そして体に多くの疲れやストレスが溜まっている方は戻りやすくなっていきますので 初回で全てこれらを整えることはできませんのでほほ骨矯正を希望の方は数回続けて受けてもらうようにしています。

ほほ骨矯正をして行く時に皮膚のたるみや筋肉の緩みなどが起きている方もいますのでそれらを解消することもしています。

そしてほほ骨というくらいですから骨が出っ張っているわけですから骨の出っ張りを減らすためには原因から探っていく必要がありますので原因から解消していくようにするとほほ骨の張りが 減っていくと思います。

時々ホホ骨の出っ張りがひどい肩が来院されていますが 多くの型の場合体調がすごく悪いので顔の歪みに 出てしまってホホ骨が出っ張っている場合が多いようですから体調を上げて整えていくことが次のステップに進む準備になります。

次のステップというのは体質改善で体の中から 直していく方法でほほ骨をもっとさらに 改善していく方法です。

そして眠りが浅い方も体調がすごく悪く落ちやすいので 来院期間をあけると 改善がこんなになりますのでご注意してください。

眠りの浅い方というのは体調もすごく悪く調子を落としていますので 眠りを深くすることからも考えていかないと体は持ちません。
北九州市 小倉北区、小倉南、八幡東、八幡西、戸畑、若松、門司、下関、行橋で 頬骨矯正をしています。