膝の痛み

膝の痛みには膝に痛みが起きる原因があります。病院に行くと軟骨の損傷とか加齢、老化、とか言われますが、当院に来られた膝の痛みの方は多くは数回から数十回で楽になっていっています。

膝の痛みがある時には色々な状態が重なって膝の痛みになっています。この原因をみつけて行くためにも膝関節の炎症やハレも改善する必要があります。

膝の痛みのある方は病院ではヒアルロン酸を注射で打っても改善しなかったりする方もいますが楽になったと言う方もいます。

ヒアルロン酸を打っても

ヒアルロン酸を打っても 関節に油を打つ様なまた入れるような感じになるので滑りは良くなって痛みが改善する場合があるということですがどうしてそういう風になったのかというのが原因として残っている場合が多くあります。

病院などでヒアルロン酸の注射をしても関節がぶよぶよなっていたり晴れたりということもありますのでまず腫れや炎症などを取り除いていくことから当院では初めて膝の痛みを解消していきます。

必ず膝の痛みには何かの原因があって膝の痛みになって軟骨が損傷したり人体や筋肉などの問題が起きたり骨自体の問題が起きたり関節の問題が起きるということがありますのでその原因を見つけて改善していくことが膝の痛みを改善していくことになると思います。

膝を触ってみて

膝を触ってみると炎症が起きているかハレが起きているかということがすぐにわかりますのでその炎症や腫れから改善していくとひざ関節自体が細くなっていきますので細くなればなるほど周辺の筋肉や靭帯はまた骨や軟骨などがしっかりしていきます。

しかしそれだけではない場合が多いようですからその先にあるものを改善していくようにしなければいけません。

膝の痛みがただ単に腫れや炎症などから起きていると言うのも考えがたいのでその原因がしっかりあるということを念頭に置きながらその原因を見つけていくということをしていきます。

体調が悪くなると膝に負担が来る

体調が落ちて悪くなると骨盤の歪みなどが落ちて筋肉や靭帯のバランスが悪くなると膝関節自体に負担が起きますので負担が起きると 膝の痛みになります。

ひざ関節自体に負担が起きると膝周辺の筋肉や靭帯のバランスが悪くなって余計に軟骨の損傷を起こして削り取っていきますので ひざ関節の中の水が汚れてしまうということで水を抜くと言う行為が行われます。

膝の痛みは

膝の痛みは関節のバランスから起きていますが骨盤のバランスやひざ関節二体のバランスが悪くなると起こりますのでどうしてそういうことになったのかということが体調ともう一つに原因があります。

多くの場合膝の痛みと言うと=という状態で肝臓ということを思い浮かべる ことがあります。

膝の痛みと肝臓の働きの問題と言うのは密接に関係をしていますのでしかし肝臓と言っても病気ではありませんのでご注意して下さい。

肝臓の働きが悪くなったり肝臓が弱ってしまうということで膝の痛みが起きる場合が多いので膝の痛みがある場合は肝臓から原因があるのかと言うことを疑うということが多くありますので当院では内臓も治療項目に入っていますから内臓を元気にしていくことで膝の痛みは楽になることもあります。

当院は、小倉北区 膝の痛み などの検索キーワードで口コミで人気があります。膝の痛み を原因から改善しています。