肩こりを解消する

肩こりを起こしている方は 湿布を貼ったり 肩を揉んでもらったり することが多いと思いますが何も原因がなくて肩が凝ったり肩こりを起こすことはありません。

多くの病院では 肩こりと言うのは原因不明で起きているということをが多いようです。

ですからただ筋肉を揉んだり 湿布を貼ったり電気治療器というものをかけたり低周波治療器をかけたりすることが多いようです。

しかし 湿布を貼ったり筋肉を揉んだり電気治療器が低周波治療器をかけても 通して肩が凝りを起こしているのかということは、あまり関係がありません。

ただ筋肉のこりと言うだけで電気をしていることも多いようですが肩こりと言っても重要な問題が関係して肩こりを起こしている場合が多くあります。

そのために肩こりの原因になっているものを改善していくようにしないと 原因はいつまでも同じままではありませんので進行していく場合が多くありますから。

当院では肩こりを楽にしたら肩こりを原因から改善することをしています。肩こりを何よりも楽にしていくことを考えながら、肩こりの状態から早く楽になることができるように肩こりを検査することで原因を見つけることができます。

肩こりと言ってもただ、筋肉をもめば良い、湿布を貼れば良い、低周波治療器や電器をすれば良いと言う訳ではありません。肩こりはマッサージしても湿布を貼っても、注射を打っても、低周波治療器や電器をしても楽になることはありますが、これらは原因を改善している訳ではありません。

マッサージしても湿布を貼っても、注射を打っても、低周波治療器や電器は一時的な抑えにしかなっていません。一時的に肩こりを抑えてばかりいると肩こりを起こしている、本当の原因は進行していきます。

進行してしまって筋肉自体がもう柔らかくならないほど固くなっている方もいました。

マッサージしても湿布を貼っても、注射を打っても、低周波治療器や電器をすればするほど筋肉疲労が大きくなります。筋肉疲労が起きれば筋肉は固くなりますから、筋肉が固くなればなるほど固くなりますから、筋肉が固くなるとリンパ節やリンパ管も固くなって血管も神経も固くなります。

そうするとマヒよりもひどい状態になりますから、肩こりを感じません。

多くの方が眠りが浅くなっています。

眠りと肩こりには関係があります。眠りが浅いと脳疲労が起きています。夜に目が覚めなくても時間よりも睡眠の質が悪いと脳疲労が起きやすく睡眠負債になります。

睡眠負債が多いと心臓の負担になります。脳と心臓は相互関係があります。

脳が弱った時には心臓は一生懸命働いて脳に血液酸素を送ろうとしていきます。血液酸素をもらって脳が元気になるようにしていますが、脳が元気にならないと心臓は弱っていきます(病気ではありません)

心臓が弱ると背骨の歪みが起こります。この歪みが肩こりになります。心臓に限らず影響を受けやすいのは肺や横隔膜の働きです。

心臓、肺や横隔膜のトラブルから肩こりもおきやすくなりますが病気ではありませんから病院ではわかりません。病院は病気の専門家ですから病気として完成したら病院で検査すると陽性反応が出て病名が付きます。

しかし、心臓や肺、横隔膜のトラブルは病気ではありませんからわかりません。

心臓や肺、横隔膜の弱りが起きると首の骨や背骨に歪みやズレが起こります。歪みやズレが起きると筋肉もコリを起こしていきます。

これが肩こりになります。

肩こりを楽にして肩こりを起こした原因を直していくことをしています。

楽にすることと直すことは違います

肩こりの方

肩こりのひどい方が以前、来院されました。この方の肩こりはもう10年以上前からあって、今まで色々な所に行ったそうです。

病院でもブロック注射を打ったり、 マッサージをしたり湿布を貼ったり お灸に入ったりすることをしているそうですが一向に良くならないということで 紹介で当院に訪れました。

この方の肩こりを見てみると筋肉のコリというよりも

筋肉ももちろんこってはいますが心臓疲労から起きている肩こりでした。

肩こりというのは心臓から起きることもありますので心臓と言っても病気ではなく心臓疲労から起こる肩こりなので病院で検査をしてもわからない場合もあります。

心臓疲労から起きる肩こりなどで心臓疲労の原因がありますから 心臓自体の問題なのか他のものから起きている心臓疲労なのかということを検査することをして 行きました。

そうするとこの方の場合は眠りがすごく浅く脳疲労から起きている心臓疲労だということがわかりましたので脳の循環を良くすることをして脳が緊張している原因を取り除く治療をしました。

脳疲労というのは大変難しく一度では難しいので数回に分けて治療することでだんだんと脳疲労が取れて眠りも徐々に眠れているような状態だと言われていました。

そうすると肩こりも楽になったと言ってもらうことができました。

 

こりと言っても

肩こりと言っても代表的なものは筋肉のこりなので筋肉が硬くなっている方も多くなっていますから筋肉が硬くなるとコリを起こして行きます。

筋肉が硬くなるとその中に入っている血管も固くなりますし、リンパ管やリンパ節も硬くなりますので、老廃物が多く溜まったりリンパの流れが悪くなったり血流が悪くなったりして肩こりを起こしている方もいらっしゃいます。

こういう風に肩こりをを感じる筋肉が硬くなるという現象も最近多くなっていますので多くの方が筋肉が硬くなって肩こりを起こしています。

 

肩こりと言うと コリが強いと首の痛みが起きたり頭痛になったり めまいや吐き気が起きたりということも起きるのが肩こりの代表例です。

肩こりと言っても筋肉のコリから起きる肩こりもあれば、筋肉のコリがありながら歪みがある肩こり、 内臓から起きる骨の歪みで肩こりが起きる場合の肩こりがあります。

肩こりが起きるときには筋肉のコリで起きていますから筋肉のコリからほぐしていくようにしています。

筋肉がコリを起こすと循環が悪くなったりリンパの流れが悪くなって老廃物が多くたまりますので筋肉から軟らかくしないと肩こりは解消できませんので筋肉のコリから解消するようにしていきます。

そして筋肉のコリだけではなく確認しなければいけないことがあります。

多くの肩こりの場合、筋肉のコリだけで起きていることはなく筋肉のコリが起きた原因が存在します。

 

筋肉のコリが起きた原因というのは多くの場合ゆがみから起きている場合が多くあります。

どちらが先というのがありますが筋肉のコリが起きて筋肉が硬くなれば骨のゆがみが起きます。

また、ゆがみが起きれば筋肉は骨から骨にくっついていますので、骨のゆがみが起きれば歪んだことで筋肉は緊張してコリを起こしています。

この両方の場合がありますから、両方とも確認する必要があります。

筋肉のコリというのは肩や腕をつかうことで筋肉は疲れてしまって筋肉のコリが起こります。

何げなく使っている肩や腕ですが使うことで筋肉疲労が起きていきますので筋肉疲労というのは筋肉がつかれてしまうことです。

このように筋肉を使うことで緊張したり硬くなったり循環が悪くなったり色々な状態が肩こりなっていきます。

肩こりといってもいろいろな原がありますので個人個人違う肩こりの原因を見つけていく必要があります。

 

肩こりと言うと筋肉のコリという感じが強いですが、筋肉が疲労したり緊張したり硬くなるということが起こります。そうするとリンパの働きも悪くなって老廃物が多く溜まってしまって肩こりになる場合が多くなっています。

 

初回の5000円が、3000円になります(期間限定) 2回目からは3000円です。お得な回数券もあります、1年間有効ですが原因から改善するのは回数がかかります。

完全予約制です。  お電話で予約してください

予約・相談は:093-962-9133 携帯の番号を用意してここをクリックしてホームページを見たと言って下さい

 

肩こりを一時的に抑えることでしたら1回から数回でできます。しかし、肩こりをこじらせていると、そうはいきません。そして肩こりを原因から治していくためには回数もかかります。

当院は癒しでもなく、マッサージでもなく、一時抑えをしている治療院ではありません。肩こりを原因から直していく治療院です。そのためにも今ある肩こりを楽にしていきます。肩こりを楽にすることと、肩こりを原因から治すということは違います。

いつまでも癒したり楽になる改善ばかりしていると原因は進行していきます。進行した物は、体質改善の治療でしか治せません。肩こりが、どこから起きているのか、原因を説明もしていきますので、その原因から変えていくことをしていきませんか??

当院の肩こり解消法は、

ボキボキしない痛くない肩こり改善法です。筋肉をもむようにして、色々な原因から起きている肩凝りを改善していくようにしています。

肩こりと解消するときには、当院ではマッサージするみたいに筋肉からほぐしていきます。そして歪みを矯正するときもマッサージ感覚で揉むようにして肩こりを解消していきます。

低周波治療器や電器などは、以前は使っていましたが、今では低周波治療器や電器などをしてコリを散らすことなく原因から改善できるようになったので電気は使いません。

低周波治療器や電器と言うのは、コリを散らしてわからなくするだけですから!!!!。肩こりに電気をあてると筋肉は余計に疲労を起こしていきます。電気をあてると一時的にリンパの流れは良くなります。しかし、すぐに戻ります。それは原因が残っているからです。

低周波治療器や電器などをあてると簡単で済みますが、原因も考えないで沿いていますから、どうして肩こりが起きたのか??と言う理由があります。この理由が原因になります。

湿布を貼ったり、肩を揉んでもらったり、低周波治療器や電器をしたり、薬を飲んだり、サプリメントを飲んだりすることは一時抑えです。一時抑えをしていても原因は残っています。この残った原因は、いつまでも同じではありません。肩こりがない時も進行していきます。この進行するものが、一時的に肩こりを起こしています。

筋肉疲労というのは多くの方に普通に起きてしまいますので筋肉疲労は積み重なるようなことはしないで早めに改善しないと骨まで歪みを起こす場合が多くあります。筋肉疲労が起きてしまうと 筋肉は縮む落としますので 縮むと 短くなりますので 短くなると 骨まで引っ張って骨を歪ませてしまいます。

そして筋肉が縮んでしまうと その中にあるリンパの流れも悪くなって老廃物が多くたまるようなことが起こりますのでこのことからも肩こりになります。

肩こり

肩こりは筋肉が固くなって起こりますから、筋肉を柔らかくなるようにしていきます。
②筋肉だけではない肩こりの場合も、歪みや首の骨のズレから起きる肩こりを痛くない方法で整えていきます。。

肩こり

肩こりは人気のカイロプラクティック徳力整体院はボキボキしないので痛くないのに、体の歪みが改善できて楽になります。色々な体の不調や痛みが長く続いているなどは原因があります。 当院は、しっかり説明しながら症状の緩和をしていきます。

肩こりは筋肉のコリの事ですが、最近は筋肉のコリだけでは済まない方が増えています。
それは、肩こりも初めは、筋肉だったのか知れませんが、いつの何か、骨のズレまで進んでいる方がいます。
① 筋肉のコリから肩こり
② 骨のズレから肩こり
③ 骨のズレから椎間板ヘルニアから肩こりと痛み
④ヘルニアから神経圧迫して、シビレになっている
の段階があります

①肩を使う事をしたりすると、、筋肉はコリを起こします。

筋肉がコリを起こすと、普通は、筋肉のコリを解消するホルモンが出てコリを解消していきます。
だから、普通は、筋肉のコリは、1日か2日で解消していきます。
しかも、眠っているときに、ホルモンは、一杯出ますので、寝ているうちに回復しなければなりません。
しかし、最近、上で書いたように眠りが浅い方が増えています。
眠れていないと、ホルモンは正常には放出されません。
筋肉のコリがあると、循環も悪くなります。
老廃物もいっぱい流れていかないでたまります。
もちろん、リンパの流れも悪くなります。
だから、肩こりは解消できないで、コリが、いつまでも残ります。
これが最近の肩こりになる方もいます。

②体の中に疲れがたまって、体の内側から歪みが起きて肩こりになっている方もいます。

体の中に疲れがたまると、背骨や首の骨のズレになります。
首の部分のズレや、肩の所のズレは筋肉をも、緊張させていきます。
これが、コリになっている方もいます。
骨のズレから起きるコリです。
しかし、コリが解消できないと、、痛みになります。
進むと、シビレや手の痛み、握力低下につながります。
頸椎のヘルニアにもなります。
ストレートネックにもなりやすくなります。
これが、肩こりの原因になりますので、筋肉だけではなく、骨のズレや歪みも関係する肩こりになります。

ほとんどの場合、ご自分で感じていないでも、体調が低下して疲れがたまっている時に肩こりになります。
だから、

肩こりを解消するのは

筋肉のコリを確認しながら、骨の歪みやズレを見つけて、痛くない方法で改善していきます。
そうすると、肩こりは楽になります。
体にたまった疲れを軽くすることで、肩こりは、楽になります。
マッサージ感覚で、体の歪みや背骨のズレ・歪みが解消していきます。
早く肩こりから楽になりませんか。
ご予約お待ちしております。

コリを解消するには

子供さんから、年配者まで受けている整体カイロプラクティックです

肩こり
つらい肩こりを和らげるには体から元気にして筋肉を緩和していくので肩こりの専門です。

肩こりは筋肉のコリが原因ですが、コリが起きていると循環が悪くなって起きています。

肩で筋肉がコル、だから肩こりです。

<h2>肩こり</h2>
コリとは肩の筋肉が緊張している事を言います。

肩の筋肉が緊張すると、固くなって血流が悪くなります。
血流が悪くなると、老廃物もたまります。
老廃物がたまると、余計に流れが悪くなります。
流れが悪くなると、もっと筋肉のコリを感じる場合が多くあります。

肩こりがひどい方、肩こりが長い方、どこに行っても良くならない肩こりは、骨のズレや歪みと椎間板ヘルニアが起きている場合もありますので、この場合の改善もしていますので、安心してください。

骨のズレや歪みも原因から改善していくと楽になります。

骨のズレを起こしている原因から変えると、ズレも良くなって、筋肉も柔らかくなります。
最近、多いのが、肩こりが長すぎて、骨が炎症を起こしている場合があります。
骨の炎症が起きていると、ピンポイントで改善していかないと、肩こりは楽になりません。
骨まで炎症が起きていると、結構な確率で肩こりがひどくなります。
場合によっては、手のしびれとかも起きます。

予約・相談は:093-962-9133 携帯の番号を用意してここをクリックしてホームページを見たと言って下さい

しかし、肩こりに関係する筋肉は、循環が悪い時間が長いと、筋肉も固くなります。

一時的に固くなって、肩の筋肉が張る場合と筋肉が老化して固くなっている場合があります。

一時的な筋肉の張りでしたら、柔らかくするだけで良くなります。
持続的に肩こりを感じる方と、繰り返し肩こりを感じる方は、筋肉が固くなっています。
つまり、肩の筋肉が老化しています。

老化からくる肩こりは、いくらもんでも一時的で、また繰り返す場合がほとんどです。

理由は、いくら筋肉をもんでも、もう柔らかくならないと言うことです。

この方の場合、筋肉を、柔らかくなるように若返らせる必要があります。

肩の筋肉を若返らせて、良くするためには、体質改善 アンチエイジング 若返りをする必要があります。

場合によっては、筋肉だけでは起きていない場合もあります。

この場合は、もっと別な原因があるかもしれません。
その原因を見つけていくためにも、筋肉から柔らかくしていく方法で、どれくらい改善できるかやってみて判断していきます。

又は、コリも内臓から起きているかも知れません。(病気ではありません)

本当は、内臓の疲れから起きている肩こりも多くあります。
単純に肩こりも筋肉のコリと思わないでください。

この場合も、内臓を元気にしていく事で改善していきます。
又は、繰り返さないように体質改善 アンチエイジング 若返りで変えていきます。
詳しくは、体質改善 アンチエイジング 若返りで簡単ですが説明しています。
もっと詳しくは来院されて今の体の状態をチェックして説明します。

いつもでも肩こり体質でいないで原因から変えていきませんか??
そして、肩こり体質から抜け出しませんか??
肩こりが起きやすい方も、肩こりが起きらなくなることが目的です。

北九州市小倉南区と小倉北区肩こりを解消することで評判の良い人気が高い痛くないので有名な肩こりを改善しています。
肩こりと言うと猫背だから肩こりになるとおんぉつている方もいますが、そうではなく病院の外来でも薬でもおさまることなくツボよりもストレッチよりもマッサージよりも歪みから改善していくようにしないと原因が残っています。
肩こりを楽にしていくためには肩こりになっている原因の筋肉のこりをほぐすように持っていくことと、さらに筋肉がほぐれてきたら、その先にあることを改善するようにしないと肩こりは繰り返し起こりやすくなります。
肩こりを繰り返し起こりやすい方は、筋肉のこりだと思っている方が多くいますので、筋肉のコリだけではなく、筋肉もあまりにも悪すぎると 筋肉自体が硬くなるという現象も起きています。
筋肉が硬くなっていくという事は老化現象から来ている硬くなるという現状なのでいくらもんでも 電気をしても よくはなりません。
もう、もめば良いという、揉めばやらかくなるという肩こりではありません。
体が老化するように筋肉も老化して硬くなるということは色々な部分で起きていますので肩の筋肉の僧帽筋という筋肉も老化していくことも起きています。
肩の筋肉の僧帽筋という筋肉を 体質改善という治療でやらかくすることができれば、肩こりはだんだんと解消されていくと思いますし繰り返しにくくなっていきます。

 コリを楽にしていくためには

 肩こりを楽にしようと思うならコリになっている原因から改善していくようにしますが多くの場合、肩こりの原因は筋肉ではなく歪みではなく内臓から起きています。
内臓といっても病気ではなく内臓に疲れやストレスがたまった状態で歪みになることが原因で筋肉のコリが起こります。
肩こりの原因になっているものもは多くの場合、内臓にたまった疲れやストレスですから病気というわけではなく内臓に疲れやストレスがたまると自然と背骨や体は歪みやズレを起こしていきます。
多くの症状にやることですが内臓に疲れがたまるということが起こりますので、内臓に疲れやストレスがたまると肩凝りにあるわけです。
しかし内臓というとどこの内臓に??ということになるのですが、いくつかの内臓が関係して肩こりが起きる場合が多くありますので、その内臓は心臓や肺、肝臓や胃、横隔膜などが深く関係しています。

内臓から元気にしていく

当院では肩こりを解消するためには、筋肉のコリをほぐしたらゆがみもあれば解消して、さらに内臓の働きを上げることをしています。根本的には内蔵が原因ですから内臓の働きでよくすることが内臓に蓄積した疲れやストレスを減らすことになります。
内臓の疲れやストレスが多くなればなるほど簡単には改善して減りませんが続けて減らしていくことをすると徐々に内臓はしっかりと働いてくれます。
そうすると肩こりは楽になりますけど維持ができません。
この維持させるためには、

体質改善の治療が必要なります

体質改善というのは弱い内臓を強くするということです。内蔵の弱いところに多くの疲れやストレスはたまり、たまると歪みになります。弱い内臓を強くすることが肩こりの解消にもなりますが弱い内臓はいろいろな症状を起こしていますのでいろいろな症状が取れて楽になることもあります。
しかし、一番怖いのは弱い内臓というのは、先将来の問題につながりやすいということです。先将来というのは内臓の病気です。
肩こりの方が一番なりやすい病気は心臓や肺、肝臓や胃、横隔膜の病気です。
 横隔膜と言うのは呼吸の問題が起きやすく無呼吸と言うよりも血中酸素の濃度不足から起きる問題は、めまい、吐き気、ふらつき、頭がボーとする、くらくらする、耳鳴り、頭痛、立ちくらみ、などが起こります。
体質改善の治療は
 体調を上げていくことから始めていきます。体質改善というのはすぐにはできませんので、まず体の準備できるなります。準備が整ていくとできるだけの反応が出てきますのでその時にだけ体質改善の治療進むことができます。
体質改善の治療ができるようになると肩こりはほとんど楽になっている場合と肩こりは楽になっていない場合があります。
ふつうは体調を上げていくだけで肩こりは解消していく事がおおいのですが、体質レベルから来ている肩凝りがあるからです。
体質レベルから来ている肩凝りの場合は体質レベルの問題を治さないと、肩こりは楽になっていきません。
しかし体質改善というのは体を若返りさせる方法なので、体が若返た分だけ元気になることができますが、最初のの数回は負担になります負担になるというのは、だるくなったり疲れた感じがするということです。
体を元気にしていくためにも、体は老化するばかりでしたが若返らせるというとは、簡単ではりませんので若返った分だけ体調も良くなります。
 若返りの治療というのもマジックや漫画のように若返りの治療をしたら、もりもり元気なったということを書いていますが、そういうものではありません。
夜の中に漫画チックなものは存在しませんので、映画にあるように聖杯で水を飲んだら若返ったと思うことと同じですから勘違いしないでくださいね。
肩こりを楽にするなら 北九州市 小倉北区、小倉南、八幡東、八幡西、戸畑、若松、門司、下関、行橋 から多くの方がきているカイロプラクティック徳力整体院。