便秘

便秘というのは女性に多く起こっていますが多くの女性は 腸が弱いということになります 。

便を前へ送り出す運動のことを蠕動運動と言いますが、これができないときに便秘になります。

つまり便秘は、蠕動運動の停滞で起きています。それには神経も関係していますが、主には腸の硬さと体調です。

腸の硬い方が、体調を落とすと腸の働きが悪くなりますから便通が良くなくて便秘になります。

 

便秘は腸から

腸が弱いというのは特有の病気という状態というよりも体質になります。

腸が弱い体質の方が体調を落とすと余計に働き丸くなって便秘が強くなります。

便秘薬などで抑えることをしないで抑えていても一時しのぎでその時さえよければいいという感じが強いですが 根本的なものから良くしていかないとずっと悪いままで今日もどんどんどんどん老化していきますので余計に働き悪くなっていきます。

弱い内臓というのは 年齢以上に老化が早くなりますので 老化が早くなったものだが病気として起きています。

便秘というのは病名のひとつなので病気ということになります。

病名を簡単に考えてはいけないと思いますので 便秘というのは腸が働かない状態です。

腸をしっかり働かせるように腸が働かない原因から直していかないと便通はずっと悪いままです。

腸が弱い体質の方が 体に多くの疲れやストレスを溜めると体調が落ちて調子を落としてしまいますので いつも少しは働いている腸が働かなくなりますのでそれが便通の原因になっています。

便秘というのは 腸が便を先に送れない現象ですから 便を先に送る現象を蠕動運動と言いますが蠕動運動ができない状態です。

便秘体質の方が 体調を落とすと神経的なものも起こりますが骨盤の歪みが起きるので骨盤の歪みが起きれば骨盤の中に入っている超は働きが悪くなる ことが起こります。

便秘体質

便秘体質というのは子供の頃から持っている体質のことなので子供の頃から成長していくことで老化が早くなりますのである年齢まで足すと便秘になっていくわけです。

便秘体質というのは親から受け継いだ体質のことなどで親も同じように起きている場合が多くありますが 例外もいろいろあります。

とにかく便秘体操の方が体調悪くなると神経的な働きが悪くなって腸が働かなくなることも多くなりますのでそれだけでも便秘が起きたり便通が悪くなったりしています。

体調上げて骨盤の歪みや ねじれを整えて行ってその先に便秘体質という体質を治すことができますので便秘体質を治す時には腸を柔らかくなるように腸がよく働く気になるようにしていきます。

便秘

便秘は体調の低下と体質が深く関係していますから、両方とも改善しないと便秘は改善しない所か、今すぐではなく腸の病気になりやすくなります。なると断言ではありませんから注意してください。可能性の増加です。

食べるものを食べたら出さないといけませんが、これが出ないのが便秘ですね。

しかし、腸で便を先へ先へ出口へと送ることができないのが便秘ですから、どうして便を先へ動かすことができないのか、どうしてなのか???

便秘薬やサプリメントで便通を良くしても一時的です。便秘薬を服用して出しても野菜を多くとっても基本的な腸の状態を機にして下さい。

腸が便を先へ動かす時には、どのようにして動かしているのか??

腸は便をベルトコンベアのような動きで先へ送っています。この動きができない時に便秘になります。

便秘の原因の一つは

体調です。

体調が落ちている時には内臓は働きが低下しています。

体調が悪い時には疲れやストレスが多く蓄積していますから、疲れやストレスが多く蓄積すると骨盤の歪み・背骨のズレが起こります。

骨盤の歪み・背骨のズレが起きると自律神経は正常に働きません。自律神経と言うのは背骨の両横にありますから、背骨が曲がっているのに横にある自律神経も正常ではありません。

腸を動かすのは自律神経の働き

腸も勝手に動いていることはなく、指令をもらって働いています。

便秘がある方は運動も改善法の一つですが、ストレッチやお腹マッサージも良いと思います。

上のイラストでは、Eの項目と腰椎が関係しています。

便秘は腸の便を送る運動の低下で起きています。

当院は、小倉北区 便秘、のキーワードで口コミで人気があります。